スクリーンタイムの恐怖。

iPhoneユーザーなら一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

スクリーンタイムの恐怖........!!!

f:id:Excelsior119:20190525211331j:image

こういうの。

 

この機能、いつの間にか使えるようになってたんですけど、いつから始まったんだろう?

去年はこんな機能無かったように思うんですが。よく分からん。

 

 

いや、いつサービス開始されたかなんてどうでもいいです。

 

最近ね、3日おきくらいに通知されるんですよ。

あなたこれ位携帯見てますよーっていう報告が。

 

もうね、ビックリしますよね。

一日の平均スクリーンタイム5時間半。

 

うそやろ、、、?ほんとに?? 

いや絶対私だけじゃないでしょ、私はそんな、トイレの中とかベットの中でも携帯を赤子のように大切に握りしめて生活してるようなイマドキ女子とは違うんよ??

私で5時間半ってことは、みんな8時間とか10時間携帯と過ごしているのでは??

 

と、思って調べてみましたところなんと。

 

20代のスクリーンタイム平均、5時間25分。

めちゃめちゃ平均でした。

なんなら私の方が5分上回ってた。

 

イマドキ女子の仲間入りという快挙を不本意な形で達成してしまったショックで、その後2時間ほどラブライブで現実逃避をしてしまいました。ごめんなさい。

もう2度とUR目当てに狂ったようにガチャなんて回しません。

 

、、、冗談はさておき。

正直、我々が普段スクリーンを見てる時間ってこんなもんじゃないと思うんですよ。

5時間半とは携帯見てる時間のみを指すのであって、普段の大学の授業だってスクリーンだし、提出課題だってほとんどパソコン作業だし、部屋に帰って癒されるためのドラマとかYoutubeだって全部液晶から見てる訳で。

 

多分、全部合わしたら10時間~12時間くらいは毎日何かしらの画面を見て過ごしてるんじゃないでしょうか。

 

そう思うと、ちょっとヒヤッとしますよね~。1日が24時間で、平均7時間睡眠取るとして、日々の生活に必要な時間合計平均がだいたい4時間。

とすると、残り13時間。

そこからさっきのスクリーンタイムを引くと、1日の活動時間中、ほんの1~2時間しか電子機器から離れてないんですよね。

 

なにこれ。こっわ。書いてて鳥肌立ちそうです。たってないけど。

 

なにが怖いって、それを今まで特になんとも思うことなく過ごしてきたし、これからも普通に同じように生活していきそう、あるいはもっと画面と触れている時間が伸びそうな事なんですよね。

 

この記事書き始めて既に30分くらい経過してるし。

 

ちなみにわたくしはぴちぴちの20歳ですが、最近眼精疲労からくる肩こりが酷い。

ていうかここ最近絶対コンタクト合ってない気がするんですよね。

あと、半年間フランス語学習を放置していたにもかかわらず、なんか見栄張った結果、来月仏検3級の受験を控えている身。学習時間目安200時間って書いてるけど大丈夫かな。

 

 

てことで、普通に携帯とパソコンから物理的&精神的にも距離をとらないとまずい状況なので、しばらくはスクリーンタイム平均目標を1日2時間とします。

SNSとか、見ていい時間さえ決めとけば案外いけるんちゃうかなあ。

 

来週あたりにスクショでアップして目標達成できるといいな。

画面見る時間減らす事で、何らかの心境の変化とかあれば書きたいと思います。

お楽しみに。

 

ロンドン→パリ移動 Eurostarに乗ってみた

もう12月。大学は来週から冬休み。

やりたいことが多すぎて、こなしていくのに必死で振り返りの時間が取れないのが最近の悩みだったりします。

ほんとは1週間に1日、お家でゆっくり誰とも会わずにパワーチャージする日が欲しい。

 

とはいえ、せっかくのブログ放置するわけにもいかないし、せめて今月中には時間を見つけて旅系の記事を書いてしまおうかと。

行ってきたの2ヶ月前とかなので、頑張って記憶を掘り起こしながらお伝えしようかと思います。

 

もくじ。

 

 

Eurostarとは??

ユーロスター(英: Eurostar)は、英仏海峡トンネルを通ってイギリスと大陸ヨーロッパとを結ぶ国際列車!

ロンドンとフランスのリール、パリ、およびベルギーのブリュッセルとの間で運行されており、最高速度300km/h の高速鉄道となっているんですよ。

2018年4月4日より、ロンドン発の1日2本のみブリュッセルからオランダのアムステルダムまで直通運転が開始されています。

起点はロンドンのセント・パンクラス
終点はフランスのパリ北駅

           ベルギーのブリュッセル南駅

となっており、今回はロンドン→パリでの移動でした。

 

セントパンクラス駅到着

f:id:Excelsior119:20181223143032j:image

お昼前の出発でしたので10時過ぎには駅に到着。宿泊していたホテルがパディントン駅の近くだったのですが、荷物が多くトラムに乗るのは諦め....。

電車使ったら多分20分もかからず着いていたはずなのですが、朝の渋滞のためタクシーだと40分〜50分くらいかかりました😅

 

チケット発券

f:id:Excelsior119:20181223140510j:image

駅構内に入ってユーロスターのゲートに行くと、発券機を発見(๑•̀ •́)و✧

沢山あるのでちょっとくらいモタついても怒られないです。大丈夫。

f:id:Excelsior119:20181223174742j:image

その場でも買えるみたいでしたが、自分は事前にネットで購入していたのでコードを入れるだけで終了。

国際列車なだけあってフランス語・ドイツ語・オランダ語に言語変更も可能。

第二言語がフランス語だったので挑戦してはみたものの、まぁ無理(´△`)

なんか間違って高いやつ選んじゃっても怖いし、結局英語で乗り切りました。
f:id:Excelsior119:20181223141159j:image

事前予約でメールに来ていたコードを入力すると、こんな風にチケット発券してくれます。

ビジネスプレミア・スタンダードプレミア・スタンダードの3種類から座席が選べまして、ビジネスプレミアだと食事とラウンジ利用がついてきます( ¨̮ )

 

写真スポットで有名な駅構内

セントパンクラス駅は別名キングズクロス駅とも呼ばれています。

というか、地下鉄表記だと「キングスクロス・セントパンクラス」になってるんですが…。

映画の撮影場所として有名な写真スポットがあるんです。

↓見てピンとくる方も多いはず!

f:id:Excelsior119:20181223140515j:image

f:id:Excelsior119:20181223140453j:image

f:id:Excelsior119:20181223170119j:image

そうなんです。

ハリーポッターファンなら誰もが知っている9と3/4番線の撮影が行われた場所で、駅自体はロンドンの主要ターミナルの一つですが、ホグワーツに行くための壁が再現された場所で記念撮影するため、行列が出来てました。

撮影時はハリーポッターショップのスタッフがマフラーや杖を貸してくれて、フワァって風になびいてるっぽくいい感じに演出してくれますよ〜!

 

いよいよ出発。美しすぎるホーム
f:id:Excelsior119:20181223140449j:image

ありました。11時31分パリ行き。

そういやそんな感じの映画あったなー。「15時37分パリ行き」だっけ。確かテロの話でしたよね。大学受験後に一発目に見に行った映画だったのでめっちゃ覚えてます。なんであれ選んだんだろう.....。しかも1人で観にいってどんよりして帰ってきた記憶が笑
f:id:Excelsior119:20181223140457j:image
f:id:Excelsior119:20181223140506j:image

そんな不吉なテロの話を思い出したのと、慣れてなくて列車間違えちゃったらどうしようっていうのとで微妙な心境だったのですが、ホームに上がった瞬間そんな不安も吹き飛びました。

めっちゃきれいーーー!!

天井も高くて、ホーム内も細かく設計されてるし、何より色の使い方が綺麗でした。

写真より数倍きれかった!!!

駅員さんも各列車に待機してくれてて、座席の確認してくれたり、荷物中に入れてくれたりで親切でした。(小中学生に間違われていただけなのかもしれないが....)

 

車内の様子と食事

f:id:Excelsior119:20181223170127j:image

今回はパリ行きということもあってなのか、車内は英語かと安心仕切っていたらまさかのフランス語。

しかも予定到着時刻より2時間過ぎてるのにまだ着かない。そして車掌さんも焦っている様子もなく乗客とのんびり談笑中。

えー、どうしたらいいんだ。いやどうしようもないし、どうも出来ないなと1人悩みつつ結局「寝る」を選択。

 

しばらくして目が覚めると動き出していたのでひと安心。

どうやら線路のトラブルだったようで、アナウンスはかろうじて英語もあったので凄く困ることは無かったですが、こういう時不安になりますね。


f:id:Excelsior119:20181223140519j:image

お昼ごはんは食事のサービスがあったので利用。

メニューは、

サーモンにバジルペーストソース、じゃがいもと野菜のサラダ、バゲット、パッションのケーキ、小さいお菓子、お水と白ワイン でした。

 

お酒はイギリスだと18歳、フランスだと16歳から合法なので問題なしです。

現地の法律が適用されてるうちに...!と迷わず貰ってしまいました。

 

といった感じで、きっちりしたメニューで満足。飛行機の機内食よりかは断然美味しく感じました(*´﹃`*)

 

ちなみにこの間学部の研究論文作成で調べてた中に面白い記事があって、機内食がまずく感じるのって、エンジンの騒音と空気圧が味覚に影響してるのも原因の一つらしいですよ。

特に塩味と甘みの味覚感受性が著しく低下して、嗅覚も鈍感になるんだとか。

なので最近は機内食もどんどん工夫されて、空の上で美味しく食べられるように改良されつつあるようです。

 

 

パリ北駅到着

f:id:Excelsior119:20181223163558j:image

予定より2時間遅れでしたが無事到着。

バス、タクシーどちらも待機してくれていますし、荷物が少なければそのまま地下鉄で目的地まで行ってもよし。

自分はこの後観光客向けのタクシーに捕まってしまい、頼んでないのに観光地を回られ20ユーロ程ぼったくられてしまうのですが…。長くなるので割愛。 きっちり料金表を確認するのってだいじ!!!以上。

 

最後に

という訳で、ロンドンからパリまでのユーロスター移動記事でした。

 

これから予約したい、サイト見てみたい!って方はこちらからどうぞ。

https://www.eurostar.com/rw-en

もっと詳しく乗り方&予約方法が知りたい方はこちら。自分のは感想メインなので、この方の記事のほうがよっぽど役に立ちます。

http://aokitrader2.com/eurostar

 

あとは調理道具屋さんとか、本屋さんの記事も書いて残しておきたいんだよなあ。

年内目標にしとこう。

 

皆様のお暇つぶし&ちょっとしたヒントになると幸いです。

 

チョコレートの祭典 Salon du chocolat レポ

f:id:Excelsior119:20181107143705j:image

3週間ぶり。お久しぶりです。旅行から帰ってきて、なんだかんだかなり忙しかったので更新が滞ってました。いや、忙しいを理由にしちゃいけない。記憶がまだ新鮮なうちに記事にしておきたいと思います。

 

まず、今回の旅行の一番の目的はこれ。Salon du chocolatサロン・デュ・ショコラ)にチョコレートの買い出しに行ってきました。

目次

 

 Salon du chocolat とは??

フランスのパリが発祥の世界最大のチョコレートの祭典.。

毎年世界10ヵ国16都市以上で開催しているショコラ専門の展示会ですが、全世界から一流のショコラ職人やブランド、最高級のショコラが集い、数多くのチョコレート好きがイベントに来場します。

本場パリの「サロン・デュ・ショコラ」は、今年で24回目を迎え、10月31日から11月4日までの5日間、ポルト・ドゥ・ヴェルサイユ見本市会場で行われました。世界60ヵ国から約500の出展者と著名なシェフやパティシエが参加し、イベント期間中13万人もの来場者を見込んでいます。

期間中は、チョコ作りのデモンストレーション、ワークショップ、カカオ生産国紹介、チョコレートに関する書籍販売、チョコレートファッションショー、チョコレート制作競技大会、ライブ・パフォーマンスなど、様々なプログラムが用意されています。

 世界中の有名店チョコレートがずらり。

f:id:Excelsior119:20181118140023j:image

日本で事前購入していたチケットを持って並ぶこと15分。

セキュリティチェックを受け、いざ入場。

エントランスには出店マップの看板がどどーん。これを見て好きなとこ回ってね、って感じでした。ほうほう、当然、フランスのお店がだいぶ占めてるけど日本もなかなか。計20店舗近くはあったんじゃないかなー。パティスリーSADAHARU AOKI、小山ロールで有名なエスコヤマも出店してました。

もちろんご本人がブースにはいらっしゃって、いつもテレビとか雑誌でみてる人だー!!って自分的には俳優さん女優さん見かけるよりテンション上がりました。

 

他にも、今年東京の南青山にもお店をオープンしたショコラトリーの「JEAN-CHARLES ROCHOUX(ジャン・シャルル・ロシュー)」のお店も。

確か日本で買うとチョコレートひとつぶ350円くらいしたんじゃないかな。

ご本人の写真も撮らせて頂いたのですが、載せていいかわかんないので自分で楽しむ用の永久保存版にしてます。待ち受けにしたい笑

 展示だけでも楽しめる!技術と芸術の融合。


f:id:Excelsior119:20181118140027j:image

チョコレートエクレアタワー。隣のお兄さんがちょうどいいサイズ比較になってくれてますね。でかっ! エントランス付近にあったので目立ってました。どうやって作って、どうやって運んできてるんだろう笑

金箔がちりばめられていて、めちゃめちゃ綺麗でした。

f:id:Excelsior119:20181118140032j:plain

f:id:Excelsior119:20181118145809p:plain

他にも、チョコレートでできた靴とかドレス、バックまで。友達に画像送ったら、チョコでコーディネートできるやん( ´∀` )って言ってました。まさに。

すっごい欲しかったけど絶対スーツケースの中で悲惨な状態になるだろうと断念。

すごいけど、観賞用って感じで実際食べるにはどうなんだろうって思ったり。

 一日中楽しめる!豊富な開催イベント。

f:id:Excelsior119:20181118140043j:plain

f:id:Excelsior119:20181118140036j:plain

5日間のうち、さまざまなイベントが開催されます。

チョコレートファッションショー、チョコレート制作競技大会、ライブ・パフォーマンス....etc

私が行った時にはちょうどチョコレート制作競技大会が開催されてました。

目の前で作ってる様子とか、審査の様子がガラス越しに見れたりするので楽しい。あー、フランス語がもうちょっと理解できたらなぁって悔しかったですが、まぁ勉強のモチベーションにもなるので良かった。

 チケット購入方法は??料金など。

基本的に関係者や招待客以外は入場チケットが必須です。当日でも買えないことはないけど、事前購入者よりかはだいぶ待たされてしまうので事前に買っておいたほうが安心。Salon du chocolat の公式ホームページでネットで購入できます。メールアドレスにQRコードが送られてくるんですが、印刷しておくのをお忘れなく。忘れちゃった人は別のラインに流されてかなり待たされてそうでした。

料金は大人1人15€ 子供一人7€。

大人2人子供2人のファミリーパックだとちょっとお得な40€でした。

あとは、Bto Bっていうトレードビジターが入れるブースに入れるチケットも購入できます。

 日本でも開催!期間・場所

せっかくパリまで行ったんだから、そこでしか開催されてないんじゃないの?と思いきや。規模は少し小さくなりますが、東京でも開催されてます。

2019年1月23日(水)~29日(火)7日間開催してますのでご興味のある方は是非。

今回は東京以外で、北海道・名古屋・京都・仙台でも開催予定です。

チケットはこちらの公式ホームページから購入できます。

チョコレートの魅力にどっぷり浸かってみませんか??

www.salon-du-chocolat.jp

 

正確すぎて怖い!性格診断16personalities

f:id:Excelsior119:20181014143304p:plain
 

https://www.16personalities.com/ja

どどん!

去年から読者登録されておられた方は、この性格診断に見覚えあるのではないでしょうか(^^;)

確か4月くらいにこの性格診断サイトの記事を書いた覚えがあるので、約1年半ぶり!

 

この話題、やったことある人同士でも結構盛り上がるのでもう一度ご紹介しておきたいと思います(*•̀ᴗ•́*)

 

今はネットで性格診断なんか検索したら山ほどアヤシイ、うさんくさーいサイト出てきますよね。いやこれ大体全員に当てはまること書いてるだけやん!みたいな笑

けど、ついついやっちゃう。女子だもの。占いとか診断系に弱いんです。

 

この診断を最初にやった時も、いやー、人の性格をそんな簡単に16タイプに絞れても...って半信半疑でだったのですが、60もの質問と細かい選択肢で結構診断自体がちゃんとしてるんですよね。

 

この診断で大事なことは、

・12分以内で終わらせること

・正直に答えること(その回答が理想とは違っていても)

・できるだけ中立的な回答は避けること

 

この3つさえ守れば、かなり正確に自分の性格を分類・グラフ化してくれますよ!

 

ちなみに私はこれ。

f:id:Excelsior119:20181014151939p:image

INFJの”提唱者”でした。

理想主義すぎるところ、余計なことまで色々考えすぎてしまうところ、1人の時間が絶対必要なとこ...とか、当たっているところ多し。

f:id:Excelsior119:20181014150507j:image

ふむふむ。同じタイプだったとしても、質問の答え方によって内向型か外交型、その他色々パーセンテージも変わってくるから面白い(ノ´▽`)ノ♪

 

日本語版はタイプの説明と割合が出るだけですが、英語版でやるともっと詳しく知れちゃいます!

強みと弱み・恋愛傾向・友人親子関係・キャリア...etc

などなど。全然難しい英語ではないので、そちらも見てみると楽しさ10倍です!

 

高校卒業後直後と、浪人期大学生活を経て、しばらく間をあけて診断してみたら違いがあるかなーってふと思い立ってやってみましたが、タイプは1年半前と全く同じ!

あんまし変化ないってことなんかなぁと若干複雑でしたが、型の%を見てみるとビックリ!(・o・) 結構違う。前はもっと内向型が強かったり(今も72%と強めやけど笑)、逆に計画型が極端に弱かったのが改善してたり。

 

1度やってみたことがある方も、過去の自分と比べてみても面白いかも...!

これ、他の友達のも知りたくなっちゃうなぁ笑

是非是非、仲良い人or仲良くなりたい人とやってみて下さい。

盛り上がること間違いナシですよ〜!(≧◡≦)

https://www.16personalities.com/ja

真っ白なシーツは汚れが目立つ。

f:id:Excelsior119:20180921211359j:plain

 

何も予定がない、のんびりと過ごす晴れた土曜日の朝。

決まってやることがあります。

 

それは「シーツの洗濯をすること」

 

朝起きて、コップ一杯の水を飲んだら真っ先にシーツを持って洗濯機へ向かいます。

洗濯機がお仕事してくれている間に珈琲を淹れて、買っておいた美味しいパン屋さんのクロワッサンなんかを食べて。

しばらくして洗い上がったシーツをベランダに干した時に、そろそろ朝の空気が秋に変わってきたなぁなんて思ったりする。

この一連の流れの多幸感といったら....!

 

そんな幸せ感満載な気分だと、普段さぼりがちな部屋の掃除とかも勢いではかどっちゃいますよね。

自分はシーツもインテリアも基本白が好きなので、何色か選択肢がある時はだいたい白を選びます。清潔感あるし、まぁなんか白選んどけば女子っぽいかな、みたいなところがありますし。

 

けれども白って普段使いをする場合、致命的な欠点があるんですよね。

白好きだけど、やっぱり他の色にしよう!ってなる時にみんなが思うこと。

そうなんです。「汚れた時めっちゃ目立つやん!!」

生まれも育ちも大阪育ちなので関西弁で書いてしまいましたが、商品選びの際にこの言葉、全国共通、いや世界共通なんじゃなかろうかというほど必ず思うし、言ってしまうランキングベスト5くらいには入っているのではないでしょうか。

 

確かに、白は汚れた時目立ちます。誤魔化すための他の色が一切ないので、黒とか柄ものだったら全然気にならないくらいのちょっとした汚れでもめっちゃ気になります。

一度きれいにするぞーって決めたら、一番時間かかってしまう色なんですね。

なので白を選ぶことの多い自分は「わざわざ汚れの目立つ色買わんでも、もっと普段使いしやすい色があるんじゃない?」と言われることが結構あります。

 

でも、ちょっと待って。私は言いたい。

白のいいところって、むしろ「汚れが目立つ」ところなのでは?

どういうことかって、対処の速さ、扱い方に違いが出るっていうこと。

汚れが「目立つ」だけであって「汚れる」ことはどんな色でも同じです。
むしろ本当に好きで欲しくて手に入れたものなら汚れが目立ってくれたほうが、気づくのが早いぶん、まだ綺麗に落ちるうちにすぐ対処できます。

そして何より、傷1つでも目立ってしまうからこそ、大切に扱わなければ・汚してはいけないという気持ちにさせられるんですよね。

 

これは何気に人間の普段の生活とか、心の状態にも通ずるところがあると個人的には思っていて。

 

自分のセルフイメージを真っ白のシーツにしておくことによって、ちょっとでもサボってしまったり、ずるい事だったりが浮き出てみえる。

早く直さなきゃ、傷つけないように自分を大切に扱わないと、なんて思えてきます。

逆に黒とか灰色にしてしまうと、いつからどこが汚れているのか、汚れと生地の色が同化してしまって分からなくなる。気づいた時にはもう対処しようがない状態になる場合だってあるかもしれない。

 

過去を振り返ってる暇もないくらい、手段を選ぶ余裕もないくらい、がむしゃらに頑張っている姿は格好良く見えちゃったりなんかします。

そんな自分に酔いしれてしまう日だってあるでしょう。私なんてしょっちゅうです。

でも、問題点や傷や汚れにいち早く気づくこと。補修修正すること。

 

汚れたって何回でも洗いなおせばいいんです。
むしろ、一度も汚れて傷つかないほうが人間としては脆弱である。

駄目なところなんて皆あって当然ですけど、それにいち早く気づきやすいのが「白色」なのではないでしょうか。

 

ちなみにもうひとつ、白の利点は、逆にどんな色にでも染まれること

環境状況に応じて好きな自分を演出しちゃえばいいんです。

魅せたい面を、見せたい人に、観て貰えばいいんです。

けれども、その時に気をつけなきゃいけないことはやっぱり、パレットは真っ白に保っておくこと。

可愛くピンクに、爽やかなブルーに、エレガントな紫を演出したくて塗り始めても、ベースの色が白でなければ、色が混ざって理想のイメージとは離れてしまう。

なりたい色を塗って自分を演出し終わったら、毎回必ず洗って磨いて白さを保つ。

 

セルフイメージとしても、パレットとしても、白にしかできない仕事なのではないでしょうか。

 

だから、私は「白色」のことが大好きです。

 

普段使ってるシーツの洗濯をする土曜日の晴れた朝くらい、好きなことを好きなだけして、反省と改善とともに自分の心のシーツも真っ白に洗い上げる時間を作っておくのも悪くないですよ。

 

さて、今あなたの心のシーツは何色ですか??

 

 

・・・・まぁ、これ書いてる明日土曜日の天気予報は豪雨なんですけどね。

日曜日でも可とします。