真っ白なシーツは汚れが目立つ。

f:id:Excelsior119:20180921211359j:plain

 

何も予定がない、のんびりと過ごす晴れた土曜日の朝。

決まってやることがあります。

 

それは「シーツの洗濯をすること」

 

朝起きて、コップ一杯の水を飲んだら真っ先にシーツを持って洗濯機へ向かいます。

洗濯機がお仕事してくれている間に珈琲を淹れて、買っておいた美味しいパン屋さんのクロワッサンなんかを食べて。

しばらくして洗い上がったシーツをベランダに干した時に、そろそろ朝の空気が秋に変わってきたなぁなんて思ったりする。

この一連の流れの多幸感といったら....!

 

そんな幸せ感満載な気分だと、普段さぼりがちな部屋の掃除とかも勢いではかどっちゃいますよね。

自分はシーツもインテリアも基本白が好きなので、何色か選択肢がある時はだいたい白を選びます。清潔感あるし、まぁなんか白選んどけば女子っぽいかな、みたいなところがありますし。

 

けれども白って普段使いをする場合、致命的な欠点があるんですよね。

白好きだけど、やっぱり他の色にしよう!ってなる時にみんなが思うこと。

そうなんです。「汚れた時めっちゃ目立つやん!!」

生まれも育ちも大阪育ちなので関西弁で書いてしまいましたが、商品選びの際にこの言葉、全国共通、いや世界共通なんじゃなかろうかというほど必ず思うし、言ってしまうランキングベスト5くらいには入っているのではないでしょうか。

 

確かに、白は汚れた時目立ちます。誤魔化すための他の色が一切ないので、黒とか柄ものだったら全然気にならないくらいのちょっとした汚れでもめっちゃ気になります。

一度きれいにするぞーって決めたら、一番時間かかってしまう色なんですね。

なので白を選ぶことの多い自分は「わざわざ汚れの目立つ色買わんでも、もっと普段使いしやすい色があるんじゃない?」と言われることが結構あります。

 

でも、ちょっと待って。私は言いたい。

白のいいところって、むしろ「汚れが目立つ」ところなのでは?

どういうことかって、対処の速さ、扱い方に違いが出るっていうこと。

汚れが「目立つ」だけであって「汚れる」ことはどんな色でも同じです。
むしろ本当に好きで欲しくて手に入れたものなら汚れが目立ってくれたほうが、気づくのが早いぶん、まだ綺麗に落ちるうちにすぐ対処できます。

そして何より、傷1つでも目立ってしまうからこそ、大切に扱わなければ・汚してはいけないという気持ちにさせられるんですよね。

 

これは何気に人間の普段の生活とか、心の状態にも通ずるところがあると個人的には思っていて。

 

自分のセルフイメージを真っ白のシーツにしておくことによって、ちょっとでもサボってしまったり、ずるい事だったりが浮き出てみえる。

早く直さなきゃ、傷つけないように自分を大切に扱わないと、なんて思えてきます。

逆に黒とか灰色にしてしまうと、いつからどこが汚れているのか、汚れと生地の色が同化してしまって分からなくなる。気づいた時にはもう対処しようがない状態になる場合だってあるかもしれない。

 

過去を振り返ってる暇もないくらい、手段を選ぶ余裕もないくらい、がむしゃらに頑張っている姿は格好良く見えちゃったりなんかします。

そんな自分に酔いしれてしまう日だってあるでしょう。私なんてしょっちゅうです。

でも、問題点や傷や汚れにいち早く気づくこと。補修修正すること。

 

汚れたって何回でも洗いなおせばいいんです。
むしろ、一度も汚れて傷つかないほうが人間としては脆弱である。

駄目なところなんて皆あって当然ですけど、それにいち早く気づきやすいのが「白色」なのではないでしょうか。

 

ちなみにもうひとつ、白の利点は、逆にどんな色にでも染まれること

環境状況に応じて好きな自分を演出しちゃえばいいんです。

魅せたい面を、見せたい人に、観て貰えばいいんです。

けれども、その時に気をつけなきゃいけないことはやっぱり、パレットは真っ白に保っておくこと。

可愛くピンクに、爽やかなブルーに、エレガントな紫を演出したくて塗り始めても、ベースの色が白でなければ、色が混ざって理想のイメージとは離れてしまう。

なりたい色を塗って自分を演出し終わったら、毎回必ず洗って磨いて白さを保つ。

 

セルフイメージとしても、パレットとしても、白にしかできない仕事なのではないでしょうか。

 

だから、私は「白色」のことが大好きです。

 

普段使ってるシーツの洗濯をする土曜日の晴れた朝くらい、好きなことを好きなだけして、反省と改善とともに自分の心のシーツも真っ白に洗い上げる時間を作っておくのも悪くないですよ。

 

さて、今あなたの心のシーツは何色ですか??

 

 

・・・・まぁ、これ書いてる明日土曜日の天気予報は豪雨なんですけどね。

日曜日でも可とします。