才能を引き出す才能

大学生活にも慣れてきて、だんだんと交友関係が広がるにつれて、自分の才能を早く見つけたいなぁと思うようになりました。

今までは4年間かけて自分の適性とか方向性がつかめたら、なんて悠長なことを考えておりましたが、それではあまりに遅いなあと。

 

大学生だからこそ出来ることって沢山あるし、ある程度の失敗や選択ミスが許される最後の期間だと思っているので、社会に出た時に自分の武器というか強みを早い段階から発揮できるように磨きをかける期間を大学生活に充てたい。

もっと経験を重ねて、責任感ってことばを肌で感じられるくらい大きなことが出来たら、そういう経験の中からの勝ちパターンとか共通項から自分の強みが分かるのでしょうか。

 

正直、浪人時代に考えてた「自分とは」なんて、実際に動いて失敗して上手くいって...みたいな経験から得たものと比べてしまうと笑っちゃうくらい本当に薄っぺらいものでした笑

 

授業とか読書は勿論ですが、今はサークルの活動が本当に楽しくて充実感があって「ちゃんと居場所があった」ことに心からホッとしています。

まずは全員のことをちゃんと理解した上で仲をちょっとずつ深められたらいいなぁ。

なんというか、ひとり残らずメンバーの人達が愛しすぎてどうしようってくらい、素直でいい人達ばかりです。

そんな居心地の良い空間で過ごしていくなかで、何となく自分には「人の才能を見つけて引き出す才能」があるのかも!と思うことも。

 

別に、良い人になろうとしている訳ではなく自分は嫌いな人って基本いないんですよね。みんな好き。好きっていうか魅力的な人かなぁ。

ホントはすごく質の高いものを持っているんだけど、理解してもらいづらい事や人を上手く分解して組み立て直して受け入れてもらいやすい形に変換するのがすごく好き。

自分の本名の由来通り、良いものも悪いものもひっくるめて全部受け入れて養分にして、熟した美味しい果実を他者に分け与えるところまでやってみたい。

どんな子を見ても、自分には無い良さとか才能がぱっと思い浮かぶので、それらを自然と引き出せるような存在になりたいですね。

 

自分は割と理想と現実のギャップが激しくて、できないこと、コンプレックス、至らないところが沢山あって、それを努力しても克服できない自分への反省とか苛立ちがずっとありました。

そんなに短期間では自分に自信もつかないし、まだまだ改善が必要なところを挙げればキリがない。

周りの子達がそのぶん補完してくれているので特に今のところ問題はないのですが、やっぱりふとした瞬間に自分のダメなところを再認識してどうしようもなく焦ってしまう時があります。焦っても悩んでも仕方がないことをぐるぐると考えてしまう。

そうやって悩んでどうしようもなくなった時に思い出す言葉があります。

 

飛び抜けて優秀な人、

途方もなく頭の良い人。

君だったら、探すより自分がなった方が早いだろう。

君ならずっと高く飛躍できる。

 

大事な人にもらった、大事な言葉です。私はその方にもそっくりそのままお返ししたいくらいなんですが笑

こういう言葉を送ってもらったからには、ちゃんと応えられるだけの努力はしていかねばなりません。

ただ、もし自分に才能を見つけて引き出せる能力が本当にあるとしたら、もっと周囲に目を向けて理解して、化学反応みたいに自分と関わることで何かいい影響が与えられて、そうやって世界との関わりを深めて、さらに自分のことも深められたら、こんなに幸せなことはないなぁと思う日々です。