読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兄の話

突然ですが、私には兄がおりまして。

私が京都大学を目指す一因にもなった男です。

兄は私とは正反対で、小さいころから何でもよく出来る人で、私はその度にコンプレックスを感じていました。

親もかなり勉強面に関して期待はしており、中高一貫の某有名進学校に楽しそうに通っていました。

そこでは私が普段いる世界とは全く異なっており、現役では東大、京大、医学部があたりまえ。それ以外の大学は存在しない。と、言い切ってしまうような、私から言わせれば何ふざけたこと言っとるんじゃ!偉そうに!という感じの学校でした。

 

ただ、今思えば魔法をかけてもらっていたのだと思います。

兄が、兄の友達が、さも当然のように簡単そうに進学していたからこそ、私でも入学できるのではないかという壮絶なカンチガイが出来たのだろうと。

でも目指さなければ始まらない。

自分の意識をそこに持っていってくれている彼に感謝です。