才能を引き出す才能

大学生活にも慣れてきて、だんだんと交友関係が広がるにつれて、自分の才能を早く見つけたいなぁと思うようになりました。

今までは4年間かけて自分の適性とか方向性がつかめたら、なんて悠長なことを考えておりましたが、それではあまりに遅いなあと。

 

大学生だからこそ出来ることって沢山あるし、ある程度の失敗や選択ミスが許される最後の期間だと思っているので、社会に出た時に自分の武器というか強みを早い段階から発揮できるように磨きをかける期間を大学生活に充てたい。

もっと経験を重ねて、責任感ってことばを肌で感じられるくらい大きなことが出来たら、そういう経験の中からの勝ちパターンとか共通項から自分の強みが分かるのでしょうか。

 

正直、浪人時代に考えてた「自分とは」なんて、実際に動いて失敗して上手くいって...みたいな経験から得たものと比べてしまうと笑っちゃうくらい本当に薄っぺらいものでした笑

 

授業とか読書は勿論ですが、今はサークルの活動が本当に楽しくて充実感があって「ちゃんと居場所があった」ことに心からホッとしています。

まずは全員のことをちゃんと理解した上で仲をちょっとずつ深められたらいいなぁ。

なんというか、ひとり残らずメンバーの人達が愛しすぎてどうしようってくらい、素直でいい人達ばかりです。

そんな居心地の良い空間で過ごしていくなかで、何となく自分には「人の才能を見つけて引き出す才能」があるのかも!と思うことも。

 

別に、良い人になろうとしている訳ではなく自分は嫌いな人って基本いないんですよね。みんな好き。好きっていうか魅力的な人かなぁ。

ホントはすごく質の高いものを持っているんだけど、理解してもらいづらい事や人を上手く分解して組み立て直して受け入れてもらいやすい形に変換するのがすごく好き。

自分の本名の由来通り、良いものも悪いものもひっくるめて全部受け入れて養分にして、熟した美味しい果実を他者に分け与えるところまでやってみたい。

どんな子を見ても、自分には無い良さとか才能がぱっと思い浮かぶので、それらを自然と引き出せるような存在になりたいですね。

 

自分は割と理想と現実のギャップが激しくて、できないこと、コンプレックス、至らないところが沢山あって、それを努力しても克服できない自分への反省とか苛立ちがずっとありました。

そんなに短期間では自分に自信もつかないし、まだまだ改善が必要なところを挙げればキリがない。

周りの子達がそのぶん補完してくれているので特に今のところ問題はないのですが、やっぱりふとした瞬間に自分のダメなところを再認識してどうしようもなく焦ってしまう時があります。焦っても悩んでも仕方がないことをぐるぐると考えてしまう。

そうやって悩んでどうしようもなくなった時に思い出す言葉があります。

 

飛び抜けて優秀な人、

途方もなく頭の良い人。

君だったら、探すより自分がなった方が早いだろう。

君ならずっと高く飛躍できる。

 

大事な人にもらった、大事な言葉です。私はその方にもそっくりそのままお返ししたいくらいなんですが笑

こういう言葉を送ってもらったからには、ちゃんと応えられるだけの努力はしていかねばなりません。

ただ、もし自分に才能を見つけて引き出せる能力が本当にあるとしたら、もっと周囲に目を向けて理解して、化学反応みたいに自分と関わることで何かいい影響が与えられて、そうやって世界との関わりを深めて、さらに自分のことも深められたら、こんなに幸せなことはないなぁと思う日々です。

 

“良い方向”への予感

大学生活も3週目に突入し、やっと落ち着いてきました(。>ㅿ<。)

思ったよりも同じ学部で仲良くなるイベントやクラス会があったので馴染むのは早かったような気がします😊

 

自分はこれまで勉強一筋!で受験生感覚だと「偏差値の高いところに行かなければ、素敵な人もいないし自分も魅力的になれない」という想いが正直ありました。

 

志望校を目指す上ではその感覚って確かに大事だし燃料にはなると思っていますが、それは決して事実ではないな、ということが身に染みて分かった3週目でした。

 

特にうちの学部は新設で専門性の高い学部なので目的を持って学びに来ている子が大勢いるし、実家が料亭、酒造業、レストラン、ホテル、等々これからの大学の学びが将来に直結する人達は本気で講義を受けている感じで、授業自体も実際に第1線で活躍されている方が熱のこもった話をされるのでとても楽しいです!

 

周りの子達に関しては、私も焼菓子販売の仕事はさせて貰っていましたが、中高から既に飲食関係や経営に仕事として携わっている子も普通にいて、自分は周りから勉強させてもらうことばかりです😄

 

そんな彼らを見て、これは自分から何かやらねば埋もれてしまう...!と思ったのもあり、10名程の料理研究会を立ち上げました!

各国各時代のレシピ本の翻訳から始めて、実際に美味しく食べれるところまでやりましょう!という会です。

顧問の教授もついて下さり、学部長からの支援もあって学部の新しい調理室も使えそうだし、なんと助成金も降りそうなのです…✨

若干のプレッシャーはありますが、期待してもらった方が良い研究会になりそうなのでとてもありがたいです(o^^o)

 

どんどんと、良い方向に向かっていっている様な感覚がずっとあります。

今まで受験勉強という鍛錬の時期を4年間頑張った自分へのご褒美なような気がして、無駄じゃなかったなぁ~、と心から思っております。

そういう意味では、京都大学さんに大感謝かな笑🤣

 

これから更に忙しくなりそうで、ブログをどうしようか悩んでしまっています。

レシピ検証ブログをしようかと思っていたけれど、研究会でやるなら新たにHPを作ることも検討中です。

また、進展があれば読者様にもお伝えするので、その時はどうぞ新しいブログも宜しくお願いします(*´ω`*)

 

 

 

 

入学式!

イベント続きでなかなか更新ができんなぁ笑

レシピ系は大学生活が落ち着いてからになりそうです🤣

 

さて、今日は大学の入学式でした。

桜の時期で、なかなか良かったです。

キャンパスでも桜満開で気分がかなり上がりました( ¨̮ )

f:id:Excelsior119:20180402155201j:image

3部に分かれてたんですが、食マネジメント学部は朝イチだったのでめっちゃ早起き!

学長挨拶、新入生挨拶ともに素晴らしかったです。

始まるまでの間は隣の40代くらいの大学院に入学される方とずっと話してました。

お互い新しくできるところに入るので、頑張りましょうと言いあえたのも凄く良かったです。

 

確かに去年の春に思い描いていた形とは少し違いますが、私にとってのベストな選択肢になるように4年間精進していきたいと思います。

 

式の後は、入学祝いということで京都の錦市場にある有名な包丁専門店で自分の包丁を買いました(^^)

f:id:Excelsior119:20180402155419j:image

有次さんですね。

魚の捌き方教室もやっているそうで、なんと2年待ちらしいです(⊙ꇴ⊙)

裏には私の名前と日付も入れてもらって、ほんとに「自分の包丁!」って感じがしてすごくいいです😊

これからはこの子が自炊の相棒になりそうです。

1人ぶんの料理の練習もしなきゃなー...。

小さいお鍋も用意しないと。

4月の間もこれからも、まだまだ忙しそうで楽しみです!

磨くべきは内か外か。

タイトルに対しての私個人の結論は、「どちらも磨くに越したことはない」でこの先も変わらないと思います。

いきなり議論にならないことを書いています笑

 

ただ、最近本当にそう感じることがとてもとても多いのです。

 

というのも、こないだのお菓子ですが、実際食べてもらって予算とか相談した結果、ロシェとバターサブレに決定したんです。

小さいし、パッケージが可愛いと好評でした。

少し前までは「味の感想を聞きたいし、見た目なんてどうでもいいのに」と思ってたんですが、最近では袋やリボンにも凝りだしたので素直に嬉しいのです(o^^o)

 

確かに、素材がいくら良くても商品として購入して頂く以上、まず手に取ってもらわないと始まらない。

そのもの自体に興味を持ってもらわなければ、その味の美味しさなんて作り手にしか分かってもらえる訳がない。

 

人は見た目が9割、なんて本が流行りましたがあながち間違いではないなぁと思ったりします。

自分も特に見た目に自信がある訳では無いので偉そうなことは一切言えませんが、やはり見てもらう努力をするのは大事なことであると感じるのです。

ある程度市場に出て、名前が売れて、それが良いものだと認知される=ブランド化することによって初めて、見た目やパッケージ以外の付加価値が際立つのではと思います。

 

中身と外見、どちらも伴ってこその1級品だと思っておりますが、先にどちらを磨くのかと言われれば中身なのかな。

 

1  あのお店、見た目は微妙だけど味は美味しいよね。

 

2  あのお店、見た目綺麗だけど味は微妙だよね。

 

1と2で比較した場合、次も来店する可能性が高いのは圧倒的に1のほうではないでしょうか。

 

それは本質をどこに求めるかの違いでもあると感じています。

美味しい店を選ぶのか、インスタ映えする店を選ぶのか。

この場合は「食べる」という行為を目的として対価を払う以上、私は1である方が本質的だと思うし、精神的に健康な選択だと思えるのです。

 

しかしこれが服であったらどうでしょうか、

 

1素材はいいけど見栄えの悪い服

 

2素材は悪いけど見栄えのいい服

 

買うとしたら圧倒的2ですよね。

それは服の役割が、自分の個性を出すためだったり魅力を伝えるものであるから。

 

要は自分の強みとか勝負所を見極めなければ、すごくとんちんかんな事をやってしまう可能性もあるって事だと思います。

 

中身で勝負するのか、外見で勝負するのか。

どっちかしか持てないんだったら、一方を圧倒的に伸ばさないと、そこそこ両方伴っている子にすぐ負けてしまう。

 

でもだからこそ、ブランドに憧れるというか

 

見た目も綺麗で美味しいもの。

素材も仕立ても良い格好良い服。

 

みたいな存在が理想ですね。

そんな簡単になれたら苦労しないけど笑

 

最近はやたらめったら一方にだけこだわって勝手に思い詰める子が多いような気がするので、両方バランス取れたらもっと素敵で強いのになぁと思います。

 

 

イベント試作!

うあー!

本当に毎日忙しいです💦

11日〜から今まで毎日外出してこれから必要なもの買いに行ったり、髪切ったり、友達に会ったり、お世話になった人に会いに行ったり...。

 

楽しいですが超ハードです。

 

明日からは東京まで行ってお菓子の試作を実際に食べてもらいに行きます✨

 

7種から2種に絞るので、どの子が選ばれるのか緊張しております。

 

f:id:Excelsior119:20180319131140j:image

 

試作はとりあえずこんな感じ。

今回はクッキーがコンセプトなので、焼き菓子の中でもクッキー生地が多めです。

右奥のロシェは好き嫌い分かれるので微妙なんかな〜。でもハマれば美味しいんやけどなぁ〜なんて色々考えては作り直し... です。

 

あとは材料費との兼ね合いもあるので、決定は向こうサイドにお任せですね〜。

 

あとは春っぽいイチゴを使ったお菓子とか。

 

f:id:Excelsior119:20180319131647j:image

f:id:Excelsior119:20180319131729j:image

f:id:Excelsior119:20180319131753j:image

 

こういうの。

イチゴならジャムとかにも出来ますし、旬なうちに色々やりたいですね〜。

 

レシピ検証系もそろそろやっていこうかと思っています。

写真をその都度取らなきゃいけないのが大変そうですけど、なんとかやってみます(๑•̀ •́)و✧

 

ああ、授業始まるまであと2ヶ月程欲しい〜!

 

今後のブログの方向性

 進学先が決まってからというもの、お部屋探し、友達と会う約束、お菓子の仕事の試作準備と忙しい毎日を送っております。

 

来週には7年ぶりの親友と会う予定やこれからのお仕事の話をしに東京まで一人旅です~!!

 

いままで勉強漬けで1週間家から出ないとか普通やったのに、急に毎日外に出る生活で身体がびっくりしているような・・・・笑

 

さて、このブログのこれからですが、色々案があり過ぎてどうしようって感じです。

 

この間も書いた通りせっかくの読者様がいるこのブログを手放して他に移行してしまうのもかなりもったいない。

正直最初のほうの記事とか今読み返してみると、びっくりするほど意味不明なこととか恥ずかしすぎること沢山書いてるんですが、無かったことにしてしまうのも寂しいし。

 

とりあえずはこのまま記事を書き溜めていきます。

 

ブログの方向性は、熟考した結果「レシピ本検証ブログ」で頑張ってみます。

購入した本は100冊近くあるかとは思いますのでネタも豊富にあるし、新しい本を買って流行を追うのもあり。

自分用の記録にもなるし技術も磨ける。

たまーに検索してくれた方の参考にもなればすっごく嬉しいし!

 

一応軸はそんな感じにしておいて、あとは派生して自己流のレシピ紹介したっていいし、人気料理動画からネタ持ってきたっていいことにしよう。

流石にレシピ自体をそのまま載せるのは著作権うんぬんありますので、主に作る過程とか調味料&材料のアレンジを書いたり感想言ったりかな。

 

なんぼお菓子中心にやってきたって言っても、やはり料理系も出してかないと興味をもってもらえる人の幅も広がらんしなー。

幸い、「食」というカテゴリで括ってしまえばワイン日本酒あたりにも成人する来年から踏み込めそうやし。

「食」は興味を広げられる領域が広いのと、比較的興味を持ってもらいやすいのが嬉しいところです。

人間、幸せに生きていくためには美味しいものは欠かせません!!!

 

 

あとはふと思いついた書きたいこととか感動したことを好きなように書きます。

日常ブログのカテゴリも別で作っておこう。

そういう場も残しておきたいもの!!

 

だいたいそんな感じです。

 

 

わ~!

やりたいことがどんどん出てくる~!

道が開けてきました♡

未来は明るいぞーーー!!!

私のこと、これからのこと

発表から1日たって、気持ちも落ち着いてきたので自分のことと今後のことを書きます。

 

まず併願校に食マネジメント学部を選んだ理由としましては、単純に興味ありまくりの学部だったからです。

 

自分は小さい頃からキッチンに立つのが本当に好きで、よく料理とかお菓子を作ってました。

中高生になるとかなり本格的にのめり込んでおり、大人の受講生に混じってよくスクールにも通いました。

 

そこから偶然のご縁で、高2までは料理、お菓子作家兼記者さんのアシスタントとしてフランスのパリを中心に色々な料理教室やパティスリー、ブーランジェリー、レストランを回りました。

 

エッフェル塔が目の前の文化会館でフランスの方に向けての実演に参加させて頂いたり、レシピ本制作のお手伝いをさせて頂いておりました。

今でも何冊かアシスタントとして自分の名前が載った本が書店に並んでいます(。・ω・。)

 

その時の経験が今でもすごくすごく心に残っていて、自分も食に携わる仕事がしたい!と常日頃から思ってました。

 

京都大学であれば、大学名も全面に出すことが出来ますし、何か企画しようと思った時に周囲の力は大きいだろうなーと思っていましたが、立命館大学に進学が決定したので4年間しっかり食について体系的に学んだ後、自分の力で前に進みます。

 

食科学部とは違い経営や流通についてもしっかり学ぶので視野も狭くならなさそう、というのも魅力の1つでした。

 

新設学部なので浪人の子は少ないかも知れませんが、リーダーシップ取ろうと思えば条件としてはいいかも。

もちろん現役や指定校で来る子達のレベルがどうこうとは思っておりませんので、そこは負けないようにしっかりやっていきたいです。

 

レシピ本制作の時にお世話になった出版社の方からも東京でお菓子のお仕事を頂きました✨

 

バイトは京都まで出て働こうと思っているので、京都〜滋賀〜東京間移動の忙しい日々になりそうです(*´∀`)

 

今月はとにかくお礼行脚かな。

人に会う予定びっしり!!!!

ブログの更新するにしても何か目標があったら見てもらいやすいよね。

検討しておきます(๑-﹏-๑)