ベクトルを「自分」に向けたおもてなしの重要性

 8月。

今月は夏祭りやら花火大会やら、見た目にも音にも華やかなイベントが多くていいですね。

私はというと花火大会やってる真横でのホテルレストランでサーブのお仕事でした。

眺めのいいところだったのでお給仕しながらちょっとは見れるかなぁと期待した自分が甘かったです。通常の何倍ものお客様が来られるので裏方はもうてんやわんや。

お客様が花火に歓声をあげて盛り上がっておられたぶん、こちら側は料理の段取りに追われてイベント感が一切味わえずなんとも切ない気分でした。

 

まぁ、こういったバイトは単発で入れているので基本的に夏休みに入ると普段の授業時よりかはいくらか時間ができるわけです。

しかし今までかなりのインドア人間だったので、大学生になったからといって毎日出かけてイベントやセミナーに行ったり...なんてパワフル人間に急にスイッチ切り替えられるわけでもなく。

1週間のうちせめて2日はひとりでお家でゆったりする時間を常に確保していたい。

テレビは元々置いてないので見ないですが、ゆっくりする!って決めた日は基本SNSも見ないです。なんか消耗しちゃう気がして。SNS嫌いって訳じゃなく、要は切り替えが大事というか。長くなりそうなのでこの辺りの話題も別の記事で書きたいな。

 

じゃあ外に出ない日はいつも何しとんねん、って話ですが、基本的には読書と勉強です。うわつまんなって思ったアナタ。勉強はともかく読書はほんといいものですよ。

小説なら自分が経験し得ないいくつもの人生やドラマを文字の上だけでなぞることが可能ですし、哲学書なら読み深めていくごとに自分の思考もより深めていける。エッセイや実用書なら普段の自分の生活に色を添えるヒントが隠れていたり。

そんな魅力いっぱいの本達と、淹れたてのコーヒーと、自分で用意した焼き菓子があればもう最高。至福空間の出来上がりです。

 

さて。前置きえらい長くなってしまいましたが、最近読んだ本のご紹介。

フードプロデューサー小倉明子さんの本です。

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれない

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれない

 

 これはタイトル買いしちゃいますね。

見た瞬間、「確かにそうかも....」と思ってしまう方が多いのではないでしょうか。逆に食に興味関心のない人だと「いや、え、そんなことあるの??」って感じる人もいるのかな。実は私も恥ずかしながら、食の学部のくせして最初に見た感想は後者でした。

いずれにせよなんか気になってしまうタイトルです。

 

目次もかなり面白くて、

・五感を使った食べ方

・晩餐会から屋台まで使えるマナー「食事七則」

・「おいしかった」は自分を肯定する言葉

などなど、どれも興味を惹かれる文章でした。

 

その中でも自分が特に読んで価値があったのは、

ー私が自分を大事にできないのはひとりごはんを雑に食べているからかもしれないー

の章。

確かに、思い返してみれば一人暮らしをはじめてから、誰かお客さんには自分なりに精一杯おもてなしをしようと、来てもらう前からメニューだけじゃなくて、どの食器を使おうか、カトラリーは、ランチョンマットは、どんな話をしようか、とか色々考えて来てもらった人に楽しんでもらおうと努力はしてた。

けど自分ひとりのためだけってなると、まるで他の人に対しておもなしをしてた自分とは別人のように、「気持ちよく食事をする」とはかけ離れた食事になってた気がします。

食べながら、視線は出来上がった料理じゃなくて常に携帯かパソコンに向いていたり、盛り付けの美しさなんて考えずに、いかに洗い物を減らすかを優先してたり。

 

自らの生命維持のために必要不可欠で大切な「食べる」という行為を、ベクトルが自分に向いた時にはずいぶんぞんざいに扱ってしまっていたのだなぁと実感しました。

その反省もあって、最近はきちんと毎食、自分へのおもてなしを意識してきちんと料理と向き合ってひとりごはんをするようになりました。

食べているものはさして変わらないはずなのに、食べた後の満足感が桁違いに高くなりました。きっと物理的にだけじゃなく、心でも「食べる」ことが出来るようになったからなのでしょう。

そして多分、食事だけじゃなく日常生活全てにおいて、自分ベクトルの「おもてなし」は似たような良い効果をもたらします。

 

かの有名な松下幸之助先生も言っておられます。

まず自分の腹を満たしてから、他に与える活動をしなさい、と。

あんだけ前記事で人に幸せを与えられる空間作りがしたいとかいっておきながら、自分すら満足にもてなせないなら、それは順番が違うということ。

どうしてもらったら人は嬉しくなるのか、また来たい、空間を共にしたいと思うのか。

まず自分で試してみて、自分がそれを分かって実感してはじめて他者に分け与えられるのだと、すごくいい意味でハッとさせられた本でした。

 

小倉朋子さん、著書も多数ある方なので、きっとずっと持っておきたい!と思う本が必ずあると思います。

読者様も是非読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

「食べ方」を美しく整える:仕事ができる人ほど大切にしたいこと

「食べ方」を美しく整える:仕事ができる人ほど大切にしたいこと

 

 

 

グルメ以前の食事作法の常識 (講談社の実用BOOK)

グルメ以前の食事作法の常識 (講談社の実用BOOK)

 

 

 

 

 

 

夏のお菓子ごはん会。

前期試験も終わってやっと夏休み。

春学期お疲れ様、というのもあって7/30にお菓子ごはん会を開きました( ¨̮ )

今までもちょこちょこ友達呼んで一緒に作って食べてはしてたんですが、今回は昼の部夜の部と合計5名様ということで、しっかりメニューを決めて準備もしっかり出来たぶん達成感も満載でした✨

f:id:Excelsior119:20180803195346j:image

メニューはこんな感じ。

もうちょい字綺麗に書きたい(´-ω-`)

Petit Bonheurはフランス語で「ささやかな幸せ」という意味。

中学生の時から使ってる屋号です😊

お菓子でもごはんでも、その食べ物自体を重視するだけじゃなく、いつ誰とどうやって食べるか、という事を意識してほしいから「ささやかな」幸せという名前にしました。

美味しいものは1番手軽に人を元気にできるし、幸福感も味わえるけど、私はそれらはあくまで幸せの「仲介者」であって欲しいのです。

だから、ささやか。

私が美味しいものでささやかな幸せを提供して、あとは受け取った人それぞれが大事な人・大好きな人・家族・友人と「美味しいね。」って笑いあって、それを皮切りにどんどん将来の話・夢の話・今熱中してること・これから頑張りたいこと・あこがれの人の話・何でもない話...etcと、会話が弾んで明日の活力になるような時間が積み重なって、結果的に「大いなる」幸せに導けたらなぁと思っております(๑•̀ •́)و✧

 

今回はお料理好きなメンバーだったので、準備は手伝ってもらいながら。

f:id:Excelsior119:20180803202548j:image

○トマトにアボガドとサーモンを和えたものと、タプナードと黒オリーブを刻んだものを詰めたプチトマトのファルシ2種

○玉ねぎとベーコンのケークサレ

f:id:Excelsior119:20180803202552j:image

クリームチーズを薄くスライスしたきゅうりで巻いて、スモークサーモンとピクルスを一緒にひと口で食べれるおつまみ

○夏野菜のラタトゥイユ

○じゃがいもと玉ねぎのヴィシソワーズf:id:Excelsior119:20180803202909j:image

○食マネ素敵女子手作りの焼きカレーパン

揚げないってとこがカロリー抑えられててステキ。その分2個食べれちゃいそうやけど(*´﹃`*)

パンは作んないからこういうの超嬉しい✨
f:id:Excelsior119:20180803202559j:image

○プラリネクリームのダックワーズ

○ひとくちフォンテーヌブロー

 

でした!!

f:id:Excelsior119:20180803203829j:image

f:id:Excelsior119:20180803203914j:image

制作過程をちらり。

自分で全部用意するのもやり甲斐があって楽しいけど、やっぱりみんなで作って笑って喋って食べての流れが楽しさ要素全部入って完成されてる感じがしてすんごく好き(o^^o)

お料理、詳しい子も多いから情報交換の場にもなるしで良いことづくしなのも嬉しい😆

こういう時間が1番ほっとするし好きだなぁ(^^♪

 

サークルはテーマ決めて比較検討して、「調理会!!」ってきっちりやりたいけど、おうちに呼んで食べてもらう時は来る人の作りたいものとか食べたいもの、幸せを感じられるような空間作りを目指していきたい。

まだまだ未熟者の自分ですが、そのぶん自分の伸びしろにも大いに期待しているので、これからもっともっと良い空間を提供していけるようにいっぱい学んで、ぐーっ!(。>ㅿ<。)と吸収して、幸せ製造マシーンへの道を1歩1歩踏みしめて歩いてゆきます(๑`・ᴗ・´๑)

夏休み計画

暑い!!!38℃とか39℃の気温だと暑いっていうより熱いっ!て感じです。

こないだまで大雨凄かったのに、一気に晴れ続きですね( 〃 ❛ᴗ❛ 〃 ) 

身体だけじゃなくて気持ちも溶けちゃいそう。そうですやる気とか溶けてきます。

なんとかアイスで気力を取り戻す毎日。ちなみにハーゲンダッツだとKP(気力ポイント)二倍なのが素晴らしいですね。お値段も某ガリガリボーイの二倍なのが切ないですが。

 

さて、来週はテスト。語学は授業中にテスト終わらせちゃうんで春学期の試験期間中に行われるテストは2科目だけなんですよね。しかも1日で終わるからあんまり試験って感じしないなぁ。模試受けてたときのほうが確実に勉強してた気がする。

まぁ、そんなテストが終われば夏休み。

9月末までだから結構長い。夏休み中にどこかに短期留学に行くわけでもないのでゆっくりできそうなのかな。英語のクラスの友達はちらほらカナダとかオーストラリアに短期で語学学校に行く子もいてびっくり。そんなお金はどこからくるのか。

 

自分は今年の夏はバイトを少し増やしてお金ためて、検定資格試験の受験料とか教材に使いたいなぁ。勉強会とか講座に行くのにも結構かかるので、きちんと受からないと。

直近にあるのだと、日本スイーツ協会が開催しているスイーツコンシェルジュ検定なるものがあるそうなので、頑張って受かって参ります。

なんか合格して会員になると、会員限定のセミナーとか講座が受けられるそうなので、受けてみて損はないかなぁと。今回受けるのはベーシックですが、まだ上の級もあるし、他の食関係の資格も沢山あるからすっごい楽しみ♪(´ᵕ`๑)۶

 

そのためのバイトなんですけど、どうしようかなぁ。

普段は主に家庭教師のバイトをやっていますが、夏休みは短期で受け持つ子を増やして教え方をもっと工夫してみたいのもある。他の飲食系とか販売のバイトは今まで忙しくてホントに時折人手が足りない時に入るくらいだったから、もうちょい増やすのもあり。

あとはド短期で夏のイベント運営のバイトとかを入れています(´・ε・̥ˋ๑ )

 

こうやって書くと結構忙しいですが、バイト頑張るのは8月いっぱいまで。

9月はプチ旅行行ったり遊びの予定も計画中だし、充実した夏になりそう。

あ、夏休みの間になんとなく秋学期の履修も決めなきゃなのか。

んん、一般教養で興味あるやつがことごとく衣笠キャンパスなのが残念ですが、まあそこは比較的単位がとれて、まだ積極的に勉強できそうな授業を吟味するしかない( ˟ ⌑ ˟ )

あとはコルドンブルーの講座に応募するかしないか。

絶賛迷い中なんですよね。

ある意味食マネの看板講座だから受けたいけど、お金が!!!普通にヨーロッパ留学行けちゃう値段だったりするのと、休み期間がほぼ四回生までそれで埋まるってのもキツイ(-_-;)

けどディプロマは確実に貰えるし日本語でしっかり理解できるしメリットも多いんだよなぁ。 

まぁ、これは夏休み中にじっくり悩もう。

 

今までずっとそうだったけど、大学1回生の夏休みって一回きりしかない。ていうか夏休み、よく考えたらあと4回しか味わえない!!!

大事に過ごしていこうと思います(●˙°˙●)

模索中

連日大雨でしたね(><)

気圧の影響か、普段の疲れが溜まっていたのか金曜日あたりから眠気がひどくて大変でした。

寝ても寝ても眠いなんて久しぶりで、1日のはんぶんはベッドでごろごろ。

去年はこんなことしてたら罪悪感やばかったなー、なんて考えながらも睡魔にあっけなく負けておりました笑

 

そういえば、そろそろ浪人生の方も前期が終わる時期なのではないでしょうか。

夏までは結構、今までの勉強貯金があるから何とかなるんですけど夏以降一気に現役生の追い上げがあるので気を抜かず頑張って欲しいですね。

あとは、あれもこれもって手を広げすぎないこと。私は多分それで焦って失敗した苦い経験があるので、今思えば前期の復習も「数学の夏!」ってやるよりかは「微積徹底!」とかテーマを絞って京大2次まで太刀打ちできる分野を作っておけば良かったと思ってみたり。

まぁ今更だけど(^^;)

 

今年の夏は本気で資格系の勉強をきっちりやりたいと思ってて、去年の反省も踏まえて秋の試験に向けて頑張りたい。

大学の授業も楽しいけど、まだまだ体感型の勉強じゃないのでその辺は自分でやるしかないんですよね。

食を通しての地域活性化、社会貢献、農業経営なんかは授業としてはいいけど、自分が興味があって研究したいかって言われるとイマイチ。

 

多分、もっとこう、味覚嗅覚についての勉強(官能評価学)とか食材についてだったり、調理法によっての栄養学とか食の心理学みたいな、机の上だけじゃなくて実際体験として理解できる勉強がしたい(´ε` )

 

それがカリキュラムとして出来るのが3回生からっぽいので、それまでは2年間民間の食関係の資格とって知識だけでも片っ端から詰め込んでおきたいなぁ。

 

将来つきたい職業、やりたいことがきっちり定まってないぶんフワフワしている自分がもどかしい。

けど、今できることからやってかないと「やりたいことが分からないから」何もしないのは勿体無い。模索して初めて向き不向きって分かるだろうし。

今は出来るだけ地に足つけて、目の前のことから一歩一歩着実にやってくことが最優先ですね。

とりあえず前期試験に向けて経済学の教科書理解するところからだなぁ(*´ω`*)

やっと人間。

7月ですね。

早くもクーラーなしでは生きてゆけない身体となってしまいました(´-ω-`)

 

最近はあんまり更新できてないなぁ。

前までは大学生なんだから時間もたっぷりあるだろうし気力の問題でしょー、なんて思ってたんですけど、意外とホントに忙しい。

忙しいってかブログにまで気が回らない ( °o°)

 

なんというか、大学に入ってみて真っ先に思ったのは自分は案外欲張りでワガママだということ。 面白そうな事は何でもやってみたいって思っちゃって、自分のキャパシティも考えずに片っ端から首を突っ込みがちなんですよね。

けどそれでは、まだまだ未熟者の私では1つ1つのクオリティが下がってしまう。

最近少しずつ、自分の得意なこと不得意なこと、出来ること出来ないことが明確になってきているので、それを基準にある程度やる事を絞ろうかと。

 

やっぱり軸は勉強とサークル。

それ以外の活動もこの何ヶ月間で色々やってみたけれど、あくまでそれらは「楽しみ」程度に楽に参加しておかないと、全部に100%精神注いでたら自分が自分じゃなくなるし、大事なものを疎かにしてしまいそうに感じます。

そういう意味では浪人期というのは、全力で勉強に日々捧げられる貴重な時間だったなぁ。

1番地に足ついて生きてた感さえあります笑

上手くコントロールできるようになるのが今の課題ですね(๑`・ᴗ・´๑)

 

あとはタイトルにある通り、母親に「やっと人間になったよね」という事をよく言われます。

多分、以前まではかなり特殊で囲われた社会で生きていたのもあって、特に一生懸命に活動したことって基本無いんですよね。

そこそこは努力しなくても何とかなるし、高みを目指すわけでもない。だから人間として必要な喜怒哀楽の感情の起伏も乏しいし、喧嘩すら出来なかった。

 

それはそれで楽しかったけど、どこか他人事のような意識が抜けきれてなくて、でもそんな自分はどこか欠陥があるような気がしてずっとモヤモヤしてました。

 

けど、大学に入って色んな人と知り合って、一人暮らしを開始し、サークルも作ってみたりバイトを始めたり。

ホントに大学生としてありきたりな事しかしてないですけれど、自分にとってはこんなに変化をもたらしてくれる事だとは思いもしませんでした(*´ω`*)

自分は感情を周囲に見せるのがどうしようもなく恥ずかしく、そもそも下手だったのですが、そろそろ頑張り時なのかな。

真剣に、他人事じゃなく、自分のことと受け止めて、やっと色んな感情が湧き出てきた自分がいます。

 

これからもっともっと経験してく中で勉強になることなんて山ほどありそうです。

その為にも、今はゆっくり落ち着いて毎日しっかりと過ごすことが最優先ですねー。

 

理想の更新ペースは週1かなぁ。まぁ、少なくとも8月からは夏休みなんで大丈夫でしょう。

この頃のは思ったことの公開メモみたいなブログになってしまってるんで、読んだ本の感想、お気に入り調味料、お菓子の記事も書きたい!!

更新遅いのに読者様も離れず、定期的に今でも数百アクセスあるのは嬉しいことです。

そんな貴重な方々のためにも、毎日面白感知レーダー立てながら日々過ごしていこうと思います(*•̀ᴗ•́*)

 

才能を引き出す才能

大学生活にも慣れてきて、だんだんと交友関係が広がるにつれて、自分の才能を早く見つけたいなぁと思うようになりました。

今までは4年間かけて自分の適性とか方向性がつかめたら、なんて悠長なことを考えておりましたが、それではあまりに遅いなあと。

 

大学生だからこそ出来ることって沢山あるし、ある程度の失敗や選択ミスが許される最後の期間だと思っているので、社会に出た時に自分の武器というか強みを早い段階から発揮できるように磨きをかける期間を大学生活に充てたい。

もっと経験を重ねて、責任感ってことばを肌で感じられるくらい大きなことが出来たら、そういう経験の中からの勝ちパターンとか共通項から自分の強みが分かるのでしょうか。

 

正直、浪人時代に考えてた「自分とは」なんて、実際に動いて失敗して上手くいって...みたいな経験から得たものと比べてしまうと笑っちゃうくらい本当に薄っぺらいものでした笑

 

授業とか読書は勿論ですが、今はサークルの活動が本当に楽しくて充実感があって「ちゃんと居場所があった」ことに心からホッとしています。

まずは全員のことをちゃんと理解した上で仲をちょっとずつ深められたらいいなぁ。

なんというか、ひとり残らずメンバーの人達が愛しすぎてどうしようってくらい、素直でいい人達ばかりです。

そんな居心地の良い空間で過ごしていくなかで、何となく自分には「人の才能を見つけて引き出す才能」があるのかも!と思うことも。

 

別に、良い人になろうとしている訳ではなく自分は嫌いな人って基本いないんですよね。みんな好き。好きっていうか魅力的な人かなぁ。

ホントはすごく質の高いものを持っているんだけど、理解してもらいづらい事や人を上手く分解して組み立て直して受け入れてもらいやすい形に変換するのがすごく好き。

自分の本名の由来通り、良いものも悪いものもひっくるめて全部受け入れて養分にして、熟した美味しい果実を他者に分け与えるところまでやってみたい。

どんな子を見ても、自分には無い良さとか才能がぱっと思い浮かぶので、それらを自然と引き出せるような存在になりたいですね。

 

自分は割と理想と現実のギャップが激しくて、できないこと、コンプレックス、至らないところが沢山あって、それを努力しても克服できない自分への反省とか苛立ちがずっとありました。

そんなに短期間では自分に自信もつかないし、まだまだ改善が必要なところを挙げればキリがない。

周りの子達がそのぶん補完してくれているので特に今のところ問題はないのですが、やっぱりふとした瞬間に自分のダメなところを再認識してどうしようもなく焦ってしまう時があります。焦っても悩んでも仕方がないことをぐるぐると考えてしまう。

そうやって悩んでどうしようもなくなった時に思い出す言葉があります。

 

飛び抜けて優秀な人、

途方もなく頭の良い人。

君だったら、探すより自分がなった方が早いだろう。

君ならずっと高く飛躍できる。

 

大事な人にもらった、大事な言葉です。私はその方にもそっくりそのままお返ししたいくらいなんですが笑

こういう言葉を送ってもらったからには、ちゃんと応えられるだけの努力はしていかねばなりません。

ただ、もし自分に才能を見つけて引き出せる能力が本当にあるとしたら、もっと周囲に目を向けて理解して、化学反応みたいに自分と関わることで何かいい影響が与えられて、そうやって世界との関わりを深めて、さらに自分のことも深められたら、こんなに幸せなことはないなぁと思う日々です。

 

“良い方向”への予感

大学生活も3週目に突入し、やっと落ち着いてきました(。>ㅿ<。)

思ったよりも同じ学部で仲良くなるイベントやクラス会があったので馴染むのは早かったような気がします😊

 

自分はこれまで勉強一筋!で受験生感覚だと「偏差値の高いところに行かなければ、素敵な人もいないし自分も魅力的になれない」という想いが正直ありました。

 

志望校を目指す上ではその感覚って確かに大事だし燃料にはなると思っていますが、それは決して事実ではないな、ということが身に染みて分かった3週目でした。

 

特にうちの学部は新設で専門性の高い学部なので目的を持って学びに来ている子が大勢いるし、実家が料亭、酒造業、レストラン、ホテル、等々これからの大学の学びが将来に直結する人達は本気で講義を受けている感じで、授業自体も実際に第1線で活躍されている方が熱のこもった話をされるのでとても楽しいです!

 

周りの子達に関しては、私も焼菓子販売の仕事はさせて貰っていましたが、中高から既に飲食関係や経営に仕事として携わっている子も普通にいて、自分は周りから勉強させてもらうことばかりです😄

 

そんな彼らを見て、これは自分から何かやらねば埋もれてしまう...!と思ったのもあり、10名程の料理研究会を立ち上げました!

各国各時代のレシピ本の翻訳から始めて、実際に美味しく食べれるところまでやりましょう!という会です。

顧問の教授もついて下さり、学部長からの支援もあって学部の新しい調理室も使えそうだし、なんと助成金も降りそうなのです…✨

若干のプレッシャーはありますが、期待してもらった方が良い研究会になりそうなのでとてもありがたいです(o^^o)

 

どんどんと、良い方向に向かっていっている様な感覚がずっとあります。

今まで受験勉強という鍛錬の時期を4年間頑張った自分へのご褒美なような気がして、無駄じゃなかったなぁ~、と心から思っております。

そういう意味では、京都大学さんに大感謝かな笑🤣

 

これから更に忙しくなりそうで、ブログをどうしようか悩んでしまっています。

レシピ検証ブログをしようかと思っていたけれど、研究会でやるなら新たにHPを作ることも検討中です。

また、進展があれば読者様にもお伝えするので、その時はどうぞ新しいブログも宜しくお願いします(*´ω`*)